自分でも交換できる!バスルームの蛇口交換方法とは?

蛇口1

バスルームの蛇口が劣化した時は交換が必要になります。実はバスルームの蛇口交換は自分自身でできることをご存知ですか。自分で交換する場合、最初に蛇口の種類を把握し、取り付け方法を理解する必要があります。これから、蛇口の種類や交換方法をご紹介します。

また、メーカーや業者に依頼した方が良い場合も解説しますので、参考にしてみてください。

バスルームの蛇口の交換時期とは?

バスルームの蛇口は平均10年~15年ぐらい使用できるとされています。カートリッジが内蔵されているタイプは少々短くなり、8年~10年ぐらいです。しかし、寿命は使用状況によって異なります。頻繁に使っている場合や使い方が雑な時は、交換目安よりも早くトラブルが起こる可能性もあります。

通常のバスルームの蛇口の交換時期は、何かのトラブルが発生した時が多いのではないでしょうか。例えば、水漏れやレバーの故障・変色した水が出るなどです。特に多いのが切り替えレバーから水が漏れることで、蛇口の根元からも水漏れは起こります。

問題なく使えている場合は、15年以上経過していても急いで交換する必要はないでしょう。ただし、故障するリスクが高くなっている点には注意が必要です。

バスルームの蛇口の種類とは?

バスルームの蛇口は、主にツーハンドル混合水栓、サーモスタット混合水栓の2種類があります。それぞれ見た目や構造・交換方法が異なるため、交換する時は該当するものを選ぶことが必要です。ツーハンドル混合水栓は水とお湯を混ぜながら温度調整をするタイプで、ハンドルが2つあります。

一般的には赤色やピンク色の印が付いたハンドルからはお湯、水色や青色の印が付いたハンドルからは水が出てきます。ハンドルを回して実際に肌で確かめながら、温度調節をしていきます。ツーハンドル混合水栓の特徴は、水圧が強いことです。

アナログで手間はかかる方法ですが、修理やメンテナンスがしやすいため、長期間使用できます。サーモスタット混合水栓は、比較的新しい住宅で採用している方法です。これから新築を建てる場合は、サーモスタット混合水栓になっていることが多いでしょう。

レバー1つで温度調整や開閉ができるタイプです。サーモスタット混合水栓は、温調ハンドルで温度を設定しておきます。温調ハンドルの表面には40℃以上が赤色、40℃以下は青色で印が付いている場合が多いです。一度最適な温度を設定すれば、毎日調整する必要がありません。

内蔵されているサーモスタットカートリッジがお湯と水の混合量を調整してくれるからです。使用する時、最初は冷たい水が出ますが、数十秒出し続けることで温調ハンドルで設定した温度のお湯が出るようになります。

蛇口の交換に必要な道具とは?

バスルームの蛇口を交換する時は、最初に該当する型番の新しい蛇口を用意します。水栓の取り外しや取り付けに必要なのが、モンキーレンチです。ナットの開閉時に必要ですから、必ず用意しましょう。一般的には、800円~1,500円ほどで購入できます。

止水栓などを止める時には、マイナスドライバーが必要です。マイナスドライバー単品なら200円~800円ぐらいで購入でき、他のサイズやプラスドライバーがセットになっているものでも500円~3,000円ぐらいで売られています。

水漏れを防ぐために水栓の金具へ巻き付けるシールテープもあると便利です。シールテープは、1m500円以内で購入できるでしょう。

蛇口の交換方法とは?

バスルームの蛇口を交換する場合、最初に水道の元栓を閉めます。洗面所や台所の下には専用の止水栓がありますが、バスルームにはありません。そのため、水を出なくするためには水道の元栓を閉めなければなりません。

戸建住宅は敷地内の地面に設置されている場合が多く、蓋を開けて量水器が動かないようにします。

マンションやアパートは玄関外のメーターボックスの中に止水栓があります。水が止まったら、既存の蛇口を取り外します。ホースの根元を回してシャワーホースを外し、その後蛇口本体を取り除きます。六角ナットで締めてあるので、モンキーレンチで回しましょう。

取付脚は左方向へ回していくと緩んで外れます。既存の蛇口を取り外したら、周りや内部の清掃をしましょう。汚れが付いていると交換後でもトラブルが起きやすくなります。穴部分は細いブラシで汚れを掻き出し、穴の周りはタオルや雑巾で拭き取ります。

新しい蛇口は、水栓本体と取付脚・パッキンが付属されているのが一般的です。取り付ける前に、取付脚の根元に水漏れ防止用シールテープを貼ります。目安は時計回りに約6周~8周です。次に、2つの取付脚を水栓接続部に接続します。

ネジが固くなるまで、右に回しましょう。取付脚の接続では一度でも左回りをしてしまうと、シールテープの効果がなくなります。しっかりと防水効果を出すために、左回りをしてしまった場合はシールテープの装着からやり直すことが必要です。

取付脚が設置できたら、水栓本体を取り付けます。取付脚には付属されているパッキンを入れないといけません。パッキンを入れ忘れると水漏れが起きてしまいます。水栓本体を取り付ける際には、本体が傾かないように左右のバランスを確認しながら接続しましょう。

この時、片方だけを固く締めず、両方を順番に少しずつ締めていくのがポイントです。片方のナットを2~3回締めてから、もう片方のナットも締めていきます。両方とも完全に固定できたら、蛇口の交換が完了です。

メーカーや業者に依頼した方が良い場合もある!

バスルームの蛇口は自分自身で交換できますが、メーカーや業者に依頼した方が良い場合もあります。まず、自分で交換するのが不安な場合はメーカーや業者に相談してみると良いでしょう。メーカーの場合、保障期間外であっても欠陥部品があった場合は無料で交換してくれます。

また、メーカーは蛇口のことを熟知していて、専門知識のある人が交換してくれるので安心して任せられます。蛇口から出る水量にトラブルが起きた時や変色した水が出る場合は、水道工事などを取り扱う業者に依頼した方が良いでしょう。

これらのトラブルは蛇口ではなく、配管に問題がある可能性があります。一般的にメーカーは蛇口までしか交換できませんが、業者は配管などを確認して水道工事までしてくれます。蛇口の交換と配管の修理が1回の工事で解決できますので、時間と手間を大幅に省けます。

トラブルの原因が分からない時や蛇口を新しくしても直らない時は、業者に相談してみましょう。