蛇口交換はどれぐらい古い場合に行ったらいいのか

蛇口5

水道は毎日使うものですから長年使っていると古くなってしまい、交換等が必要になります。しかしその際、どれぐらいの時期に交換したらいいのかや業者に依頼するといくらぐらいかかるのかといった疑問を持つ人も多いでしょう。

ここでは蛇口の寿命や自分で交換を行う方法、そして業者に依頼する場合の相場などについてご紹介します。

蛇口の寿命とは

水道は生活に欠かせないものですが、蛇口というのは長く使っているとどうしても劣化してきますし、水漏れなどのトラブルも起こりやすくなります。蛇口は金属で出来ているため、その性質上腐食が起こりやすく、長年使っていると経年劣化してしまうのです。

そのため、表面的にはキレイに見えても、蛇口の内部では腐食等の劣化が進んでいることが多いです。蛇口の寿命は10年~15年程度と言われていますから、交換を検討している場合はその時期を一つの目安にすると良いでしょう。

ただし、使用頻度が高い場合は一般的な寿命よりも早めに劣化してしまう場合もあるため、それぞれの蛇口の使用頻度も考慮する必要があります。例えば、一人暮らしの場合と家族で暮らしている場合とでは使用頻度が何倍も違いますし、キッチンや風呂場などの場所によっても使用頻度が変わることがあるでしょう。

そのため、より頻繁に使用していると感じる場合は一般的な寿命の目安よりも早く交換することをおすすめします。また、不具合が起こってから蛇口を交換するとなると早く直したいあまりに、焦って業者選びをしてしまうことにもなりかねません。

特にトラブルがない場合でも10年~15年程度という時期が来たら、タイミングを見てとりあえず交換しておくと安心して使うことができるでしょう。

修理と交換のどちらがいいのか

蛇口6

蛇口のトラブルが起こった際、修理か交換かで悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。その場合は先ほど紹介した10~15年程度という寿命を考慮すると判断しやすく、その時期よりも明らかに早い段階でトラブルが起こった場合なら部品交換といった修理だけで済む場合も多いです。

しかし、寿命に近い時期にトラブルが起こった場合は蛇口本体が劣化している可能性が高いため、修理ではなく本体の交換を行った方が良いでしょう。部品交換などの修理で一時的に直ったとしても、本体が劣化している場合はしばらくしたらまた修理が必要になったり、結局は本体を交換することになることが多いからです。

そのため、寿命が来た蛇口については修理よりも交換の方が手間がかからず、費用も安く済ませることが出来ますのでおすすめです。また、蛇口の部品というのは製造から10年以上過ぎると探すのが困難になり、交換する部品が無いという状況になることも少なくありません。

これは製造開始から10年程度過ぎるとメーカーがその部品の製造を止めてしまい、在庫がなくなってしまうからというのがその理由です。そのため、10年以上過ぎた蛇口については修理したくても出来ない場合もあるということは覚えておきましょう。

自分で交換することも出来る

蛇口11

蛇口の交換は専門業者などに依頼して行うのが一般的ですが、種類によっては自分で交換することも可能です。自分で行う場合は基本的に蛇口本体の費用だけで済むため、業者へ依頼する場合と比べて費用を安く抑えられるというメリットがあります。

そのため、日曜大工などで工具の扱いに慣れている人はチャレンジしてみるのも良いでしょう。蛇口交換に必要な道具としては、モンキーレンチやマイナスドライバー、そしてプライヤーなどが挙げられます。大まかな蛇口交換の手順としては、まず水道を止めて止水栓を閉めます。

そして配管部分を撤去し、蛇口本体を外したら、新しい蛇口の取り付けを行います。さらに逆止弁というものを取り付けて、給水ホースを接続したら作業完了です。あとは止水栓を開いて、水が正常に出るかどうかを確認しましょう。

ただし、自分で蛇口交換を行う際はあらかじめ失敗することも想定しておく必要があります。いくら交換作業に自信がある人でも、やはり素人が行う場合はトラブルも起こりやすくなります。そのため、万が一不測の事態が起こった場合でもすぐに専門業者を呼ぶことが出来るようにしておくことが重要で、出来れば自宅から近い場所にある専門業者を見つけておくと安心です。

専門業者に依頼するメリットや費用相場

蛇口の交換は先ほども紹介したように自分で行うことも可能ですが、自信が無い場合は専門業者へ依頼しましょう。専門業者であれば、自身で行う場合のように失敗する心配がありませんし、もし作業中にトラブルが起こっても業者の責任で対応してもらえるため、安心して任せることが出来ます。

それに専門業者の場合はアフターフォローや保証が充実しているところもあるため、そういったところを選べば、後日トラブルが起こった場合でも対応してもらうことが可能です。ただし、専門業者へ蛇口交換を依頼する場合は自分で行うよりも高い費用がかかってしまうのは覚悟しておいた方が良いでしょう。

費用相場は8,000円~1万4000円程度と言われており、蛇口の種類や業者によって変わってきます。費用の内訳は、基本的に蛇口本体などの商品代と工事費の2つになるため、複数の業者の見積もりを比較する場合はこの2つの費用を比較してみましょう。

そして、業者によっては交換した古い水栓金具の処分費が追加される場合があるので注意が必要です。古い水栓金具は無料で回収してくれる場合もありますが、処分費として別途3,000円~5,000円程度の費用が必要になる場合があるため、見積もりの内容をしっかり確認しておくことが大切です。

工事の依頼については、蛇口を購入したホームセンターなどでも受け付けている場合がありますし、水道業者や蛇口交換専門の業者へ依頼することも可能です。

「取付け工事つき商品」というものもある

蛇口の交換をする際は蛇口本体の代金と工事費は別になっているのが普通ですが、その2つがセットになっている取付け工事つき商品というものもあります。この取付け工事つき商品は商品を購入することで、同時に工事の依頼も出来るというものであり、専門業者を自分で探す手間が省けるというメリットがあります。

こうした商品はインターネットでも購入することが可能ですから、気になる場合はチェックしてみると良いでしょう。