蛇口交換を賃貸で行う場合

蛇口11

皆さんは自宅にある蛇口を交換したいと考えたことはないでしょうか。例えば、水がうまく出なくなってしまった場合は劣化の可能性があるため、交換の必要が出てきます。特に賃貸の場合には交換自体を自分の独断でやって良いかわからないので、大家さんに確認しておくことが大切です。

今回は蛇口を交換したい方のために必要な作業を説明していきます。

まずは大家さんに蛇口の交換が可能か尋ねる

蛇口15

賃貸の設備を管理しているのは大家さんになりますから、まずは大家さんに蛇口交換ができるかを相談しておく必要があります。多くの賃貸では、最初に入居した時と同じ状態に戻すことができるなら交換可能なことが多いです。

しかし、中には不可能な場合もあるため、あらかじめ確認しておくとトラブルを避けられます。交換代金については設備の経年劣化が原因であるならば、大家さん側で負担してくれます。その際には、大家さんの指定した業者に新しいものに交換してもらうことになるでしょう。

水道屋さんにお願いする場合も、賃貸に住んでいることを伝えると水道屋さんから直接大家さんや管理会社に確認の電話を入れてくれますから、交換不可の場合にはその時点で教えてもらえることもあります。蛇口の交換を故障したからではなく、使いにくいことが理由で行う場合は賃貸から退却する際に原状回復として元の状態に戻す必要があります。

もし、自分で元の状態に戻せないような場合には別途修理代金がかかる可能性があります。そのため、退却時まで交換した前の蛇口の部品などは保管しておくようにしましょう。大家さん側が設定した規則にもよりますから、退却時のルールに関しては内容を確認しておくことをお勧めします。

どのくらいの相場になるか

蛇口の種類を最初に選択する必要がありますが、費用の相場としてはおよそ1万円から3万円になります。中には機能性に優れているものもあり、そちらを選んだ場合は3万円以内では収まらないこともあります。費用を抑えたいなら、できるだけ安い蛇口を購入することがお勧めです。

蛇口を見比べたい場合には家の近くのショールームに立ち寄るか、ホームセンターでも販売されていますから、一度自分が探しているような蛇口があるかを見に行ってみましょう。自分で蛇口を取り付ける際には、蛇口以外にも工具が揃っていれば可能です。

部屋の構造上、自分で取り付けるのが難しい場合もあります。そのような場合には業者に依頼をすることになるでしょう。業者に依頼をして工事をしてもらうと8千円から2万円程度かかります。そのため、蛇口交換は全体で最大5万円程度はかかると見ておいた方がいいでしょう。

業者はインターネットから予約をすることもできるので、時間が空いている日に工事に来てもらうようにすると安心です。

自分で交換をする場合に必要なもの

まずは今、使用している蛇口を取り外すための工具を揃えておきます。その際には蛇口の説明書があればそれも用意しておき、どの順序で部品が組み合わされているかを常に確認できる状態にしておきましょう。説明書は紙でなくても、メーカーのサイトにアクセスすると手順がわかる場合もあります。

探しても説明書が見つからない場合は、部品を工具で取り外していく際に順次写真を撮っておくことをお勧めします。そうすることで、再度取り付ける時が来ても写真を見ながら作業を進めることができるので安心です。工具以外には雑巾やバケツも必要です。

蛇口のような部品は水に関わるものですから、分解した際に水が出てくる可能性があるからです。その場合に近くに拭くものがあればすぐに対応できます。また、取り除いた部品が汚れている場合には洗って拭き取ることになるため、バケツに水をためてすぐに洗えるようにしておくと便利です。

洗っておくことで、部品を綺麗な状態で保管をしておくことができます。

実際の交換手順について

実際の手順としては、最初に止水栓を止めておきます。止水栓はキッチンのシンクの下にあることがほとんどで、もし止水栓が止まっていない場合には蛇口を外した瞬間に水が溢れ出てきてしまうので注意しましょう。もし、止水栓が見つからない場合は住居自体の元栓を閉めておくことになります。

元栓を一旦止めてしまうと家中の水を使う場所は使用することができなくなるため、誰も使っていないことを確認した上で閉めるようにしましょう。水が出てこない状態を確認したら、蛇口の部品を外していきます。外していく際にどうしても外すことができない部品がある場合は、それに対応してもらうための業者を予め見つけておくべきです。

問題発生時に連絡を入れることもできますがすぐに来てもらえるとは限りませんし、緊急時にはお金が通常よりもかかる場合があります。業者側のスケジュールを先に確認しておき、自分で部品を交換する時間帯に業者に駆けつけてもらえるかということを確認しておけば、何かあってもすぐに頼ることができるでしょう。

部品を外し終わったら、その部品がどこについていたものなのかということが後からでも思い出せるようにビニール袋などに入れておき、付いていた箇所を袋の表面に記載しておきましょう。最後に、購入した新しい蛇口の部品を取り出し、説明書に記載されている情報を見ながら部品をはめ込んでいきます。

組み立てが完了したら、水を流してみて問題が無いことを確認して作業終了です。水が流れない場合は元栓や止水栓が閉まったままになっている場合もありますから、開いている状態を確認してから行いましょう。

業者に依頼すべきかどうかについて

できるだけ安全に交換をしたいのであれば、業者に依頼することをお勧めします。費用は少々かかりますが、工事をしてもらっている間は何もしなくていいという点と工事が失敗するリスクが無いことを考えると、お金を支払う価値は十分にあります。

業者選びをするコツとしては、営業車があるかどうかです。営業車があれば、すぐに業者が自宅まで駆けつけることができるので、できるだけ時間をかけずに来てほしい場合に最適です。自分で交換をする場合は、費用が安く済むことが最大のメリットになります。

また、水道屋さんが閉まっているような時間帯でも自由に工事をすることもできます。ただし、道具が揃っていない場合はその分費用が掛かってしますので、結局最初から業者に任せた場合と料金が同じくらいになってしまう可能性があります。

そのため、完璧な作業を期待するなら業者を、工具がある状態で修理をして安くしたいなら自分で交換をすることが最適と言えます。