自分でもできる!基本の蛇口交換方法を紹介

蛇口29

洗面所やキッチンなどの蛇口が古くなって交換する場合には、業者に依頼してリフォームするしかないと思っていませんか。蛇口の交換は水栓を購入して工具をそろえれば、自分でも行えます。DIYなら好きなデザインの水栓に交換できますし、リフォーム代金の節約にもなるでしょう。

ここでは、蛇口の基本的な交換方法についてご紹介します。

蛇口交換を行う前にまずはチェック

蛇口を交換すると決める前に確認すべきポイントがあります。蛇口交換は水漏れが起きた時に考えるケースが多いと思いますが、水栓を丸ごと交換しなければならない状態ではない場合も少なくありません。パッキンだけが劣化している場合や水栓用のナットが使用している内にゆるんだ状態であっても、水漏れは起こります。

パッキンはホームセンターなどで数百円で売られていますし、ナットのゆるみは工具で締めれば解決しますので、まずは確認してみることをおすすめします。およそ15年程度使用した蛇口であれば、不具合が起きた時に交換しても良い時期だと言えます。

水栓は金属ですから、長期間使用すれば腐食が起きるのは当然です。パッキンを交換する程度の補修で水漏れなどのトラブルが解決すれば、蛇口を交換する必要はありません。ですが、パッキンを交換してもナットのゆるみを調整しても症状が改善されない場合は、蛇口交換を考えた方が良いでしょう。

仮にパッキン以外で劣化部分やトラブルが起きている箇所が分かっても、その部分だけを交換するのと水栓を丸ごと交換するのとでは後者の方が良いコストパフォーマンスになる可能性が高いです。蛇口交換を決めたら、水栓や工具を揃えましょう。

ホームセンターやインターネットショッピングなどで購入できますが、何より気を付けたいのが適した水栓の種類を購入する必要があることです。水栓には大きく分けて2つのタイプがあり、壁に直接取り付けられているタイプとキッチンのシンクなどに取り付ける台付きタイプです。

更に、壁に取り付けるタイプは水と湯の両方が出るか出ないかで壁付き混合水栓か単水栓に分かれ、台付きタイプは管の設計によってワンホールとツーホールに分かれます。今まで使用していた水栓と同じタイプの水栓を購入しなければ交換できないため、新しい水栓を選ぶ前に必ず交換したい水栓のタイプを確認しましょう。

蛇口交換の基本的な手順を知っておく

蛇口交換では、まず初めに止水栓を時計回りに回して閉めます。止水栓はシンク下や洗面所の収納部分にある場合が多いです。給水管などに止水栓が見当たらなければ、元栓を閉めましょう。ただし、壁面の中に止水栓が隠れている場合もあります。

壁面をチェックして点検時のために壁が外せる部分があれば、ドライバーなどを使って開きます。止水栓を閉めずに蛇口交換をすると水漏れや水が噴き出してしまう可能性が高いので、必ず閉めるのを忘れないようにしましょう。

止水栓を閉めたはずなのに水が止まらない場合は、止水栓がきちんと閉められていないか、閉める止水栓を間違えていることなどが考えられます。もう一度きちんと確認して、水が出ない状態になってから交換作業に入りましょう。

完全に止水栓が閉まっているのにまだ水が蛇口から出る場合は、止水栓自体が壊れている可能性があります。止水栓を交換する場合は元栓を閉めてから行いますが水道で大切なパーツとなるため、自分で交換する自信がなければ業者へ相談しましょう。

止水栓を閉めたら今ある水栓を取り外します。蛇口を片手で押さえつつ、反対の手で蛇口全体を反時計回りに回しながら取り外しましょう。水栓はしっかりと取り付けられているので、工具を使って外すと作業が楽になります。

水栓が取り外せたら、多くの人が汚れに気付くはずです。錆や取り付け部分にシールテープの跡が残っていますから、歯ブラシなどを使いクリーニングを行うと良いでしょう。次に、新しく購入した水栓を設置し、時計回りに回しながらしっかりと取り付けます。

最後に閉めていた止水栓を開け、新しい蛇口から水が出るのと水漏れがないかをチェックすれば完了です。

取り付け穴が一つのワンホール混合栓を交換する

ワンホール混合栓の交換は止水栓を閉めた後に、まず給水・給湯管を接続しているナットをモンキーレンチと呼ばれるスパナで外します。次に、水栓の根元部分にある六角ナットをモンキーレンチで外し、水栓を取り外しましょう。

取り外しが完了したら、新しい水栓を固定するための上面施工アダプタを取り付け穴に入れて、ネジをドライバー等でしっかりと巻いて固定します。上面施工アダプタは筒状の部品です。取り付けた上面施工アダプタに蛇口をネジで固定してつなぎます。

次に、新しい水栓に付属していた逆止弁と呼ばれる逆流を防ぐためのアダプタを給水・給湯管に取り付け、設置したアダプタに吸水・給湯ホースをカチッとした感覚があるまで差し込めば完了です。

取り付け穴が二つあるツーホールの交換方法

ツーホールの交換は止水栓を閉め、給水・給湯管のナットをモンキーレンチで外したら、水栓が取り付けられている台の裏側にあるナットを外します。取り付け穴が二つあるため、穴ごとにナットを外す必要があります。次に新しい水栓を取りつけますが、二つの取り付け穴に水栓に二つあるネジを合わせるのが大事です。

ネジ部分に新しい水栓に付属していたパッキン・金座・ナットの順番にはめ込んで、水栓を台に取り付けます。

給水・給湯管と水栓の下にあるネジを接続させて完了です。

蛇口が水平になるように取り付けよう!壁付き混合栓の交換方法

蛇口39

混合栓の場合は、蛇口部分とクランクと呼ばれる取り付け脚をつなぐナットをゆるめ、クランクから水栓を外します。クランクは配管に傷が付かないように、ゆっくり反時計回りに回しながら壁から外しましょう。取り外した部分に汚れがあったらクリーニングし、新しい水栓を取り付けていきます。

クランクの壁に取り付ける部分にネジがありますからシールテープを時計回りの方向に巻き付け、壁の穴と同じ位のサイズに調整します。クランクを慎重に回しながら水栓本体が水平になるように壁へ取り付けましょう。クランクが設置できたら水栓をモンキーレンチで取り付けて完了です。

単水栓の交換は初心者にも簡単

蛇口32

単水栓は水栓全体を反時計回りに回して取り外します。取り外した部分に見える配管のネジ山が汚れていたらクリーニングすると水漏れが防げます。新しい水栓に金座を取り付けた後、水栓を壁につなげる部分のネジ山にシールテープを巻き、壁の取り付け穴を見ながら同じ位のサイズに調整します。

水栓を時計回りに回しながら壁に取り付けたら完了しますが、取り付ける作業中一度でも反時計回りに回してしまったら水栓を一度取り外し、シールテープを巻く作業からやり直す必要があります。テープのゆるみが水漏れにつながるので注意しましょう。